はつかいち横断みやじま国際パワートライアスロン「宮島・吉和間」
 
新生 廿日市市 宮島・吉和

「はつかいち横断みやじま国際パワートライアスロン大会」は、「海から高山まで」楽しめる全国でも珍しい「市」世界遺産「宮島」の大鳥居をスタートして標高900mの森林リゾート「吉和」をゴールとする大会。
 

世界一・日本一・過酷なトライアスロン

過酷なトライアスロンといえば、ハワイで開催される「アイアンマン」トータル225.2kmの
トライアスロンが有名。日本でも、五島で「アイアンマン・ジャパン」が開催されている。
また、石垣島のワールドカップや琵琶湖のトライアスロンなどが有名だが、今回「廿日市市」
で行われるこの大会は、スタートラインの宮島はもちろん海抜0m・ゴール地点は標高900mと
いう高低差。77.5km(スイム2.5km・バイク55km・ラン20km)でコースのほとんどが上り坂と
                 いう「超ハード」なコース設定。アイアンマンと比べると距離は短いものの、
                 過酷なトライアスロンとして今後注目を集めるのではないだろうか?

スイム 宮島〜宮島口
宮島→宮島口(2.5km)
この大会の目玉のひとつがなんと「世界遺産」の宮島の大鳥居がスタート地点。
いつもは観光で多くのフェリー行き来する瀬戸内海をスイムする。
バイクトランジッションは乳製品の製造で有名な「チチヤス・ちゅーピーパーク」
バイク 宮島口〜吉和
宮島口→廿日市→大野→佐伯→吉和(55km)
宮島口からバイクで廿日市・大野を迂回。佐伯エリアを通過し吉和の「魅惑の里」までほとんどが上り坂のコース。特に佐伯の所山の峠(所山〜魅惑の里)は林道のような狭い山道を標高400mから最高点850mまで一気に上り、魅惑の里の標高650mまで下る、テクニカルなコース。
ラントランジッションは吉和の森林公園「魅惑の里」
ラン 魅惑の里〜もみのき森林公園〜ウッドワン美術館
吉和「魅惑の里」→「もみのき森林公園」→「ウッドワン美術館」(20km)
魅惑の里でバイクを置き、最後のラン20km。広大な森林リゾート「吉和エリア」を駆け抜けるコース。中でも、吉和の拠点でる「スーパーなかざわ」「吉和郵便局」から「もみのき森林公園」までの往復は高低差250mのアップダウンの激しいコース。
フィニッシュは「めがひらスキー場」やゴッホ・ルノワールの落札でで一躍有名になった「ウッドワン美術館」
 
 
 
++ 開催要項 ++
競技内容 スイム(2.5km) 瀬戸内海を宮島から本土まで横断するワンウェイコース
バイク(55km)  中国山地を縦走、高低差約850mのワンウェイコース
ラ ン(20km)  標高約700m地点から900m地点まで登って降りる坂道コース
制限時間 スイム  − スタートから1時間25分
バイク  − スタートから4時間35分(途中にも関門あり)
ラ ン  − スタートから7時間
トータル − 7時間
※申込方法等詳しくはこちらから
 
 
 
 
| 詳しい情報を見る| トライアスロンとは | 詳しい吉和マップを見る | 吉和の公共トイレ |
| 前ページへよしわナビ特集トップ |
Copyright (C) 2009 YOSHIWA-NAVI. All Rights Reserved.